泉質もポイントにするべし

温泉は体を芯からリラックスさせるものとして広く親しまれていますが、お湯に含まれる成分、いわゆる「泉質」によって、その効能は大きく異なってきます。泉質は環境省の「鉱泉分析法指針」で細かく定義されており、治療の目的が認められる温泉は特に「療養泉」と呼ばれ、11の種類があります。 「単純温泉」は、源泉の温度が25度以上で、温泉水1キログラム中の含有成分が1000ミリグラムに達しないものをいいます。無色透明で刺激は少なく、肌の弱い人も安心して入れます。一般的適応症として筋肉痛や冷え性などの幅広い効能があります。 「二酸化炭素泉」は、炭酸ガスがお湯に溶け込んでいる温泉で、気泡が湧き出す心地よさが特徴です。毛細血管を拡張し、高血圧や動脈硬化への効能があります。 「炭酸水素塩泉」は、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムが主成分で、「重曹泉」とも呼ばれ、アルカリ性でぬるぬるとした感触があります。入浴後は肌がなめらかになることから「美肌の湯」とも呼ばれ、他に関節痛や打撲などに効能があります。 「塩化物泉」は、ナトリウムが主成分で、飲むと塩辛く、「食塩泉」とも呼ばれます。湯冷めしにくく殺菌効果もあり、冷え性や皮膚病、婦人病などによいとされます。 「硫酸塩泉」は、無色無臭で硫酸塩が多く含まれ、飲むと苦味のあるのが特徴です。中風(脳卒中)の湯、傷の湯として知られます。 「含鉄泉」は、鉄を含む温泉で、空気により酸化して茶褐色を呈します。保温効果が高く、入浴と飲泉の両方で、貧血や慢性消化器病、月経困難症などに効能があるとされます。 「含アルミニウム泉」は、アルミニウムを含む温泉で、「明礬泉」とも呼ばれます。白内障、結膜炎などを癒やす「目の湯」として知られるほか、皮膚病にも効能があります。 「含銅-鉄泉」は、銅および鉄を含み、含有成分の酸化で黄色や赤色のお湯です。月経障害、高血圧症や貧血などに効能があります。 「硫黄泉」は、硫黄が多く含まれ、卵の腐ったような臭いと白濁が特徴です。末梢血管を拡張させる作用があり、「心臓の湯」とも呼ばれます。 「酸性泉」は、水素イオンを多く含み、肌に染みるような刺激と独特の臭いがあります。殺菌効果が高く、水虫や慢性皮膚病に効果的です。 「放射能泉」は、微弱な放射線を出すラドン、ラジウムが含まれることから万病に効果があり、具体的には神経痛や自律神経失調症、痛風などが挙げられます。" より、通常よりも体を伸ばすことが出来るからです。また浴場が広いために、普段のお風呂よりも体を大きく伸ばすことが出来るのです。

人気の旅行サイト

モルディブ ホテル

ホテルが沢山あるモルディブ。ベストな一軒をこちらで見つけてください

ハワイ ホテル

ショッピングに最適なハワイのホテルはこちらから

中国 ホテル

香港に近い東莞(ドンガン)も。中国のホテル検索

ページの上部へ